コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤーウェ Yahweh

翻訳|Yahweh

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤーウェ
やーうぇ
YahwehJahve

古代ユダヤ教、とくに『旧約聖書』で用いられる神の名。邦訳聖書(日本聖書協会刊)では文語訳で「エホバ」、口語訳で「(しゅ)」。そのほか「ヤウェ」「ヤーベ」とも表記される。この神の起源や神名の意味については、種々の学説はあるが、確実なことはかならずしもわかっていない。『旧約聖書』「出エジプト記」によれば、モーセに初めてこの神の名が啓示され(6章2~3節)、またこの神の名がイェヒエ・アシェル・イェヒエ(口語訳「有って有る者」、同3章14節)から説明されている。いずれにしても、このヤーウェと、モーセに率いられてエジプトを脱出した民との間に契約(シナイ契約)が結ばれ、ここに古代イスラエルのヤーウェ宗教が基礎を据えられたのである。ところがこの契約のしるしとしての掟(おきて)(十戒)に、ヤーウェの名をみだりに唱えてはならないとの戒めがあった。古代イスラエル人は、そして今日のユダヤ教徒も、この戒めを固く守り通したため、元来子音のみで記されたこの神名YHWH(四聖文字)の発音は長く忘れられていた。これが、Yahwehと判明するのは19世紀以降のことである。「主」は古代ギリシア語訳に基づく。「エホバ」は誤り。なお、元来イスラエルの神であったヤーウェは、『旧約聖書』の預言者たちによって絶対唯一神へと高められていった。[月本昭男]
『関根正雄著『イスラエル宗教文化史』(1952・岩波全書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のヤーウェの言及

【ヤハウェ】より

…エホバJehovahという呼称は,この習慣を忘れた16世紀以来のキリスト教会の誤読に基づく。ヤハウェ(あるいはヤーウェ)とは,言語学的には,セム語の〈生成する,である〉を意味する動詞ハーヤーと関係するが,歴史的には,南パレスティナの遊牧民集団シャースー(またはショースー)の残した文書に現れるYHWəとの関係が注目されている。ヤハウェの本来の意味は,《出エジプト記》3章14節に説かれており,〈有りて有るもの〉と訳されてきたが,それは永遠の不動の存在者を意味するものでも,創造者を意味するものでもなく,民と“ともにいます”在り方を説明すると解せられている。…

※「ヤーウェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤーウェの関連キーワードエル(古代西セム人の主神)神の国(キリスト教)ベルシャザールイスラエル王国エルサレム神殿過ぎ越しの祭ゼーロータイ出エジプト記審判(宗教)天地創造神話ガバルムーサヘブライズムシナイ半島エレミヤ書ヘブライ法ソロモンホセア書シナイ山マラキ書契約の箱

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android