コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤーヒモフ Jáchymov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤーヒモフ
Jáchymov

ドイツ語ではヨアヒムシュタール Joachimstal。チェコ西部,チェヒ (ボヘミア) 地方西部の小さな町。カルロビバリの北,クルシュネホリ山地の最高峰クリノベツの山麓に位置し,ドイツとの国境に近い。中世には銀の産地として栄えたが,現在ではウラン鉱の産地として知られる。ラジウム療法で知られる温泉もある。人口 3503 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android