コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユキザサ(雪笹) ユキザサSmilacina japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユキザサ(雪笹)
ユキザサ
Smilacina japonica

ユリ科の多年草。日本,東アジア,ウスリー,アムールに分布する。山地林中,木陰に生える。地下茎肉質で地をはい,節から根を出す。茎は長さ 20~60cmで直立するが上半は斜上し,上部になるに従って毛が多くなる。下部は白色膜質の葉鞘で包まれる。葉は2列に並び,柄は短く広楕円形,両面に毛が多い。5~7月,円錐花序を頂生し,小さい白花をつける。液果は初め緑色球形,赤熟する。果肉は甘いが,やや毒性があるといわれる。同属近縁種北アメリカにもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ユキザサ(雪笹)の関連キーワードユリ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android