コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユニバーサルアクセス ゆにばーさるあくせす

2件 の用語解説(ユニバーサルアクセスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ユニバーサルアクセス

国籍、年齢、性別、障害などあらゆる要因にかかわらず、誰でも同じようにインターネットを利用でき、情報を得られる状態のこと。アクセシビリティともいう。身体障害者不自由なく入力できる機器の開発や、インターネットの普及率が低い地域への教育など、世界的にユニバーサルアクセスの実現に向けた努力がなされている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ユニバーサルアクセス【universal access】

個人の障害の有無や社会階層・地域の違いなどにかかわらず、全ての人が情報または情報通信システムを利用できること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユニバーサルアクセスの関連キーワード環境要因連体詞新湯あらゆる有りと有らゆる材料万難チャーチストガス障害ユニバーサルデザイン(UD)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ユニバーサルアクセスの関連情報