ユネスコ公共図書館宣言(読み)ゆねすここうきょうとしょかんせんげん(英語表記)Public Library Manifesto

図書館情報学用語辞典の解説

ユネスコ公共図書館宣言

ユネスコ加盟国が公共図書館の本質的役割や目的,運営の原則についての共通認識を表明したもの.1949年に初めて宣言され,1972年と1994年に改定されている.公共図書館を教育,文化,情報面での活力源とみなし,また,民主主義を支え,人々の平和と精神面での福祉を推進する機関として位置付けている.さらには,アクセスの平等を保障し,無料,公費による支弁,法に基づく設置といった活動原則をうたっている.1994年改定では,公共図書館の使命として,児童の読書習慣の育成,教育の支援,青少年の創造的な活動の支援,文化遺産に対する認識の喚起,情報へのアクセスの保障などをあげ,協力活動の意義を述べ,運営上の基本を提示している.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android