ユラン半島(読み)ユランはんとう(英語表記)Jylland

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ユラン半島」の解説

ユラン半島
ユランはんとう
Jylland

ドイツ語ではユトラント Jutland。ヨーロッパ中北部,北海に突出するデンマークの半島。古くはケルソネススまたはキンブリカと呼ばれたが,ゲルマン系の部族ユート人が定住したことからユトラントと命名され,広義にはドイツのシュレースウィヒホルシュタイン州をも含む。政治的には,1919年のベルサイユ条約ユランはフレンスボルフィヨルド以北と定められた。行政上は7県に分れ,最南の南ユランス県はかつての北スレスビ (シュレースウィヒ) である。低平な波状地形をなし,最高点でも標高 172mにすぎない。西部は強風にさらされ,かつ土地がやせており,港湾エスビエルのみであるが,東部は比較的肥沃で世界的な酪農地帯を形成し,人口も密集している。オールフスオールボルフレデリックスハウン,キール (ドイツ) などの都市が発達し,すぐれた港湾がある。半島基部のキール運河でバルト海と北海が結ばれる。面積2万 9766km2。人口 238万 4481 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android