コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨス(麗水)市 ヨスYǒsu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨス(麗水)〔市〕
ヨス
Yǒsu

韓国,チョルラナム (全羅南) 道の南東部,ヨス半島の南東端にある商工業都市。 1949年市制。ナムヘ (南海) 島,トルサン (突山) 島によって風波から守られた,水深の大きい良港を擁する。李氏朝鮮時代に海防の要地として三道水軍統制営がおかれた。日本の統治期に長崎港との連絡航路が開設され,またチョルラ (全羅) 鉄道が開通したために,商港として急速に発達。 49年貿易港となった。港はトルサン島によってナム (南) 港とプク (北) 港に分れ,ナム港の周辺では海産物の集散や加工が盛んである。 70年代からサミル (三日) 港を中心に臨海工業団地が造成され,大規模な石油化学工場や機械工場が操業している。ハルリョ (閑麗) 海上国立公園の西端にあたり,タケとツバキにおおわれるオドン (梧桐) 島,チャングン (将軍) 島などがある。面積 45km2。人口 17万 3164 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android