コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨンフン(永興)湾 ヨンフンわんYǒnghǔng-man

1件 の用語解説(ヨンフン(永興)湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨンフン(永興)湾
ヨンフンわん
Yǒnghǔng-man

北朝鮮,カンウォン (江原) 道の北部にある湾入。トンジョソン (東朝鮮) 湾からさらに入込んでおり,北はホド (虎島) 半島でソンジョン (松田) 湾からへだてられる。湾口に 20あまりの小島があり,また南岸からカルマ (葛麻) 半島が突出して,ウォンサン (元山) 港を風波から守っている。 1980年にクミャ Kǔmya湾と改称された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone