ヨーロッパオオライチョウ(英語表記)Tetrao urogallus; western capercaillie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨーロッパオオライチョウ
Tetrao urogallus; western capercaillie

キジ目キジ科。ライチョウ類の最大種。全長は雄 74~90cm,雌 54~64cmで,雌雄の差が大きい。雄はほぼ全身が黒色だが,が褐色。雌は全身が淡褐色ヨーロッパ北部からシベリアにかけて分布し,針葉樹林帯にすむ。繁殖期になると雄たちは踊り場といわれる場所にまばらに集まり(→レック),首をのばして顔をあげ,翼を半開きにしてさげ,尾羽を立てて扇状にひろげるディスプレイを行なう。ときには雄同士の激しい争いがある。雌はその場にやって来ていちばん順位の高い雄と交尾をし,その後の営巣,産卵,抱卵,育雛の子育てを 1羽で行なう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android