コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライフサイクルインパクトアセスメント らいふさいくるいんぱくとあせすめんと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ライフサイクルインパクトアセスメント

製品またはサービス対象とした環境影響評価手法のひとつ。対象とする製品またはサービスの環境側面を、体系的かつライフサイクルにわたって分析する手法。「体系的」とは手順の4つの段階、つまり目的と調査範囲の設定、インベントリ分析、インパクト評価、結果の解釈などの各段階を包括的に分析して評価する。その評価範囲は製品の採取から製造、使用及び処分に至るまでの、商品がたどる全過程におよぶ。製品寿命の短期化によるゴミ増加や、過剰な資源利用による環境破壊など、環境保護の視点から注目されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android