コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラインラント・ファルツ Rheinland‐Pfalz

世界大百科事典 第2版の解説

ラインラント・ファルツ【Rheinland‐Pfalz】

ドイツ西部の州(ラント)。州都マインツ。面積1万9836km2。人口395万(1995)。1947年5月18日の憲法により,1946年8月30日のフランス軍政府の命令によって形成されたフランス占領地域の北半分から形成され,以前のバイエルン領のファルツ,プロイセン領のコブレンツ県とトリール県,ヘッセンナッサウ州の四つの郡,ヘッセンのライン川左岸部分からなる。ラインラント南部のライン川中流地域とファルツが中心となっているが,州境が歴史的・経済的連関を無視して設定されたため,マインツやウォルムスがライン川右岸の郊外を失い,ルートウィヒスハーフェンはマンハイムと切断された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラインラント・ファルツの関連キーワードラインラントプファルツ州フリッツ ウンダーリヒカイザースラウテルンロマン ヘルツォークヘルムート コールライン渓谷中流上部ザールラント州ライフアイゼンジーベン山地ポルタニグラシュパイヤーブンダーリヒヘッセン州ゾンマーコールカーン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android