ライン・マイン・ドナウ運河(読み)ラインマインドナウうんが(英語表記)Rhein‐Main‐Donau‐Grossschiffahrtsweg

世界大百科事典 第2版の解説

ラインマインドナウうんが【ライン・マイン・ドナウ運河 Rhein‐Main‐Donau‐Grossschiffahrtsweg】

ドイツ西部のマインツからマイン川を利用し,バンベルク,ニュルンベルクを経て,バイエルン州のケルハイムKelheimにおいてドナウ川に達する運河。1922年以来その建設計画が進められ,72年にはニュルンベルクまで完成し,92年に全通,北海から黒海に至るまで3500kmにわたり,中央・東南ヨーロッパの13ヵ国が相互に結びつけられた。この運河にはまた多くの水力発電所が設けられている。【高橋 清四郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のライン・マイン・ドナウ運河の言及

【ドナウ[川]】より

…ルーマニア第1の貿易港で黒海に臨むコンスタンツァから,西に延びてドナウ川に至る運河が1984年開通した。またチェコ東部で支流のモラバ川とバルト海へ注ぐオーデル川を結ぶドナウ・オーデル運河が計画され,ドイツ南部でマイン川を介してライン川と結ぶライン・マイン・ドナウ運河は92年に完成した。【平川 一臣】
[利用の歴史]
 ドナウ川は,歴史上たえず軍事的国境線と平和的,経済的交易の二つの役割を果たしてきており,同時に東方と西方の文化を結びつける役割をも担ってきた。…

【マイン[川]】より

…1846年には上流部のバンベルクからニュルンベルクを経て,ドナウ川支流のアルトミュールに至るルートウィヒ・ドナウ・マイン運河が完成し,ライン地方とドナウ地方が結ばれた。1922年からはライン・マイン・ドナウ運河の延長,改修工事が開始され,1350トンの運搬船が航行可能な運河の建設が進められた。1921年アシャフェンブルク,40年ビュルツブルク,61年バンベルク,72年ニュルンベルクと工事が進み,92年に完成した。…

※「ライン・マイン・ドナウ運河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android