コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウタル Lautal

1件 の用語解説(ラウタルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラウタル【Lautal】

アルミニウムに4%程度の銅,5%程度のケイ素を加えた鋳造用アルミニウム合金。500℃から焼入れし,160℃で約6時間焼戻し処理を行うと析出硬化によって強度が上がる。ケイ素を多めにし銅を少なめにして鋳造性を重視するものと,ケイ素を少なめにし銅を多めにして強度を重視するものがある。溶接もでき耐熱性もある。機械部品,とくにシリンダーヘッドクランクケースなど自動車エンジン部品などの用途がある。アルミニウム合金大久保 忠恒】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のラウタルの言及

【アルミニウム合金】より

…(a)Al‐Cu系合金(AC1A)は,Cu4.0~5.0%を添加したもので,熱処理状態では強度も靱性もあり,送電線の金具などに使用される。(b)Al‐Cu‐Si系合金(AC2A,AC2B)は,Cu4%,Si5%を標準組成として含む合金で,ラウタルLautalとも呼ばれる。鍛造性がよく,強度も高い。…

【アルミニウム合金】より

…(a)Al‐Cu系合金(AC1A)は,Cu4.0~5.0%を添加したもので,熱処理状態では強度も靱性もあり,送電線の金具などに使用される。(b)Al‐Cu‐Si系合金(AC2A,AC2B)は,Cu4%,Si5%を標準組成として含む合金で,ラウタルLautalとも呼ばれる。鍛造性がよく,強度も高い。…

※「ラウタル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラウタルの関連キーワードアルミニウム酢酸アルミニウム酸化アルミニウム水酸化アルミニウム硫酸アルミニウム東洋アルミニウムアルミニウム軽合金アルミニウム青銅アルミニウムレーキアルミ二ウム蹄鉄 (aluminum plate)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone