コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウタール ラウタール〈ドイツ〉Lautal

2件 の用語解説(ラウタールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ラウタール(〈ドイツ〉Lautal)

アルミニウム合金の一。銅・珪素を数パーセントずつ含む。鍛造(たんぞう)性・気密性・溶接性などがよい。ドイツのラウタール社が開発。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のラウタールの言及

【ルーマニア】より

… 楽器では指孔のない縦笛ティリンカtilincǎ,リュート系の弦楽器コブザcobzǎ,小型のツィンバロム(ツァンバルțambal),バッグパイプ(チンポイcimpoi)が一般的であるが,なかでは,たくさんのパイプを組み合わせて作るパンパイプのナイnaiが有名である。これらの楽器はもっぱらラウタールlǎutarと呼ばれるロマ(ジプシー)の音楽家によって演奏されている。これらロマ音楽家のうち,ハンガリー人の多い北部トランシルバニア地方では,ハンガリー風のロマ楽団の演奏が主流になっている(〈ジプシー音楽〉の項目を参照)。…

※「ラウタール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone