ラウリツ メルヒオール(英語表記)Lauritz Melchior

20世紀西洋人名事典の解説


1890.3.20 - 1973.3.18
米国のテノール歌手。
コペンハーゲン生まれ。
本名ホンメル〈Lebrecht Hommel〉。
コペンハーゲンの王立歌劇場研修所でバングに師事し、1913年バリトン歌手としてデビューする。舞台で歌いながら、ヘロルドに師事し、’18年テノール歌手に転向する。さらにヴィクター・バイゲルやアンナ・バール・ミルデンブルクらに師事し、’24年コヴェント・ガーデン王立歌劇場で歌い、成功を収める。さらにバイロイト音楽祭にたびたび出演し、名ヴァーグナー・テノールとしての名声を確立する。力強く、豊かな声が特徴で20世紀前半の代表的なヘンデルテノール歌手で最高のヴァーグナー歌手である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android