コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラウレイオン ラウレイオンLaureion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラウレイオン
Laureion

アッチカ南部,スニオン岬に近い丘陵地帯に位置した,古代ギリシア最大の鉱産地域。現ラブリオン。銀の採掘で有名であった。採掘はすでに初期鉄器時代から行われ,その後僭主ペイシストラトスによって奨励され,銀貨の需要の増大と採鉱技術の進歩により豊富な鉱床が発見された。特に前 483年頃の大規模な採鉱によって得られた利益を市民に配分する慣例に従わず,テミストクレスの提案による海軍建造に用いたことはよく知られている。前3世紀には銀価の低落によって打撃を受けたが,前2世紀にも採掘は強行されたので,前 103年には奴隷坑夫の暴動が起った。1世紀頃まで続けられ,その後まもなく閉山された。その地域一帯に採掘の遺跡が見出される。なお鉱山は国有財産であるが,市民にも賃貸された。 1860年以降鉱山が再開され,鉛,カドミウムマンガンの採掘が始った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のラウレイオンの言及

【銀】より

… 前700年ころアナトリアのリュディア王国ではじめて,一定量のエレクトラム(銀と金の天然の合金)を含む鋳貨が造られ,ギリシアの諸都市もこれにならった。前6世紀ころより,アッティカのラウレイオン銀山の方鉛鉱から造られたアテネのドラクメー貨は,地中海沿岸の標準貨幣になり,商業や奴隷売買に盛んに使われた。この銀山では数千人の奴隷が働いていたといわれる。…

【ラウリオン】より

…ギリシア本土アッティカ地方の南東部を占め,古代において地中海世界有数の銀鉱を擁した地域。ラウレイオンLaureion,ラウリウムLauriumともいう。今なお鉱坑と選鉱場の遺跡が多数散在する。…

※「ラウレイオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone