コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラエウィウス ラエウィウスLaevius, Melissus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラエウィウス
Laevius, Melissus

[生]前129頃
[没]?
古代ローマの詩人。抒情詩集『愛の戯れ』 Erotopaegniaの作者。アレクサンドリア文学の影響をローマにもたらした。 G.V.カツルスの先駆者。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラエウィウスの関連キーワード消滅核種アンティオコス[7世]ゼノロジーALPSヒミコドラえもん厚木市アッタロス朝アンチオコス7世スキピオ・アエミリアヌス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android