コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厚木市(読み)あつぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厚木〔市〕
あつぎ

神奈川県中部,相模平野の北部にある市。 1955年厚木町,南毛利 (なんもうり) 村,睦合村,小鮎村,玉川村が合体し市制施行。同年相川村,依知 (えち) 村を編入。 56年荻野村編入。中心市街地の厚木は,相模川と支流の中津川,小鮎川の合流点にあり,相模川水運の河港として発達。木材の集散地であったので地名は集木 (あつめぎ) に由来するという説もある。江戸時代は,矢倉沢往還の宿場町としてもにぎわった。 1927年小田急電鉄小田原線が開通し,第2次世界大戦後は国道 246号線,129号線が整備されて交通の要地となった。自動車,電気機器などの工場がある。 68年南郊に東名高速道路のインターチェンジが設置され,付近は首都圏の流通基地の1つとなって倉庫や工場が建設された。北部には愛川町にまたがる内陸工業団地がある。東京,横浜への通勤者がふえ,各地に大規模な住宅団地が立地。西部の丹沢山麓には広沢寺温泉,七沢温泉があり,大山の登山道が通っている。また,厚木神社などの古社寺,旧跡があり,郷土芸能「相模人形芝居」は有名。重要無形民俗文化財に指定されている。市域の一部は丹沢大山国定公園に属する。国道 246号線,129号線のほか 271号線,412号線が通る。面積 93.84km2。人口 22万5714(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厚木市の関連情報