コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッタロス朝 アッタロスちょうAttalid Dynasty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッタロス朝
アッタロスちょう
Attalid Dynasty

ペルガモン王国の王朝 (前 263~129) 。ペルガモン (現トルコのペルガマ) 城の城主フィレタエロスとその甥エウメネス1世 (在位前 263~241) が勢力を拡大,前 263年独立,前 241年ガラテア人を破って王国を宣した。アッタロス1世 (在位前 241~197) もガラテア人に悩まされたが,前 228~223年タウロス山以北のセレウコスのほぼ全土を掌握。その後アンチオコス3世に奪還され,前 198年危機に瀕したが,エウメネス2世 (在位前 197~160/59) はローマに助けを求め,マグネシアの戦い (前 190) でローマが勝つと,再び小アジアのセレウコス支配地域のほぼ全域を取得。ペルガモンは小アジアのヘレニズム文化の中心地として栄えた。アッタロス2世 (在位前 159~138) も親ローマ政策をとり,子のないまま没した。アッタロス3世は国土をローマに遺産として譲渡。前 129年ローマはこれを属州アシアとして支配下においた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アッタロス朝の関連キーワード入会権ソルベンシー・マージン比率支払い余力比率エクスプレス予約戦艦大和新生児病床県内の海産稚アユ採捕量戦艦「大和」県内の待機児童数