ラエルテス(英語表記)Laertēs

翻訳|Laertes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラエルテス
Laertēs

ギリシア神話の英雄。イタカの王で,オデュッセウスの父とされるが,実は彼が妻にめとったアンティクレイアは,結婚前にすでにシシュフォスに犯され,オデュッセウスを妊娠していたともいわれる。息子のトロイ遠征中はいなかに引きこもっていたが,オデュッセウスが帰国し,留守中彼の館でほしいままにふるまっていたペネロペイアの求婚者たちを皆殺しにしたのち,アテナによって若返らせられて,オデュッセウスらとともに,殺された求婚者たちの親族の者たちに立向い,その首領のエウペイテスを殺して,復讐を求める彼らの攻撃を撃退したという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のラエルテスの言及

【オデュッセウス】より

…ギリシア西岸沖の小島イタケーの王。父はラエルテスLaertēs。妻ペネロペPēnelopē(スパルタ王メネラオスの后ヘレネの従姉妹)との間に一子テレマコスTēlemachosが生まれたとき,ヘレネがトロイアの王子パリスに誘拐されてトロイア戦争が起こったため,彼は親友のメントルに後事を託し,手勢を率いて遠征に参加した。…

※「ラエルテス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android