コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラオメドン ラオメドンLaomedōn

翻訳|Laomedōn

1件 の用語解説(ラオメドンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラオメドン
ラオメドン
Laomedōn

ギリシア神話の人物。イロスエウリュディケの子で,父の跡を継いでトロイの王となり,ポセイドンとアポロンの両神に依頼し,市のまわりに堅固な城壁を築いてもらった。しかし完成後約束した報酬を払わなかったため,アポロンは疫病を,ポセイドンは海の怪物をトロイに送ったので,困惑したラオメドンは神託に従い,娘のヘシオネを海岸の岩に縛りつけ,怪物のえじきにしようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のラオメドンの言及

【トロイア戦争】より

…彼の3人の息子はイリオン(トロイアの別称)の名のもとになったイロスIlos,アッサラコスAssarakos,ガニュメデスである。有名なトロイアの城壁は,イロスの息子ラオメドンLaomedōnの時代にアポロンとポセイドンとによって築かれたものという。だがトロイアの城は,この王の時代に英雄ヘラクレスによって最初の破壊を被った。…

※「ラオメドン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone