コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラグランジュの法則(光学) Lagrange's law(optics)

法則の辞典の解説

ラグランジュの法則【Lagrange's law(optics)】

球面の両側の屈折率を n1n2 として,球面を通る軸と光線のなす角度を α1,α2,物体と像の高さをそれぞれ y1y2 としたとき,次の関係が成立する.これはヘルムホルツの式(光学)*と呼ばれるものである.

y1n1 tanα1y2n2 tanα2

この式は角度の小さいときにおいてのみ成立するが,そうするとtanα≒α だから

y1 n1 α1y2 n2 α2

とも書ける.これがラグランジュの法則(ラグランジュの式)と呼ばれるものである.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

ラグランジュの法則(光学)の関連キーワードラグランジュ‐ヘルムホルツの式

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android