コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラグランジュの法則(光学) Lagrange's law(optics)

1件 の用語解説(ラグランジュの法則(光学)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ラグランジュの法則【Lagrange's law(optics)】

球面の両側の屈折率を n1n2 として,球面を通る軸と光線のなす角度を α1,α2,物体と像の高さをそれぞれ y1y2 としたとき,次の関係が成立する.これはヘルムホルツの式(光学)*呼ばれるものである.

y1n1 tanα1y2n2 tanα2

この式は角度の小さいときにおいてのみ成立するが,そうするとtanα≒α だから

y1 n1 α1y2 n2 α2

とも書ける.これがラグランジュの法則(ラグランジュの式)と呼ばれるものである.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラグランジュの法則(光学)の関連キーワード全反射相対屈折率アッベ屈折計糖用屈折計アッベの不変量応力光学係数(光弾性)ガウスの結像公式(球面)光弾性の法則ヘルムホルツの式(光学)マクスウェルの式(屈折率)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone