コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラサ・アプソー[種] Lhasa apso

翻訳|Lhasa apso

1件 の用語解説(ラサ・アプソー[種]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラサ・アプソー[種]【Lhasa apso】

原産地がチベットの愛玩犬。ラマ教の聖都ラサ周辺が原産地で,ラマ教寺院で繁殖されてきた。アプソーはチベット語のヤギのようだという意のラプソーが転じて,この名称が生まれた。チベットでは幸福をもたらす魔よけイヌと信じられ,古代中国では貴族の間で貴重な贈物として珍重された。ペキニーズとラサ・アプソーの混血から作られたといわれる中国のシー・ズーShih Tzuとよく似ており,まちがわれることが多い。被毛はひじょうに豊富でやや硬く,全身を覆って鼻端だけが見える程度で,毛色は黒から白まで種々。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone