コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラサ・アプソー[種] Lhasa apso

翻訳|Lhasa apso

1件 の用語解説(ラサ・アプソー[種]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラサ・アプソー[種]【Lhasa apso】

原産地がチベットの愛玩犬。ラマ教の聖都ラサ周辺が原産地で,ラマ教寺院で繁殖されてきた。アプソーはチベット語のヤギのようだという意のラプソーが転じて,この名称が生まれた。チベットでは幸福をもたらす魔よけイヌと信じられ,古代中国では貴族の間で貴重な贈物として珍重された。ペキニーズとラサ・アプソーの混血から作られたといわれる中国のシー・ズーShih Tzuとよく似ており,まちがわれることが多い。被毛はひじょうに豊富でやや硬く,全身を覆って鼻端だけが見える程度で,毛色は黒から白まで種々。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラサ・アプソー[種]の関連キーワードチベット語ラマ教シー・ズー喇嘛キング・チャールズ・スパニエルチベタン・スパニエルチベタン・テリアボロニーズラサ・アプソチベット種 (Tibet)