コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペキニーズ ペキニーズ Pekingese

翻訳|Pekingese

6件 の用語解説(ペキニーズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペキニーズ
ペキニーズ
Pekingese

イヌの1品種。中国原産の愛玩犬。約 2000年前から中国にいたイヌの子孫で,中国皇帝のペットとして宮廷内でのみ飼育され,長い間に独特のタイプに発達した。 1860年にイギリス軍人によって初めてヨーロッパに持込まれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ペキニーズ(Pekingese)

犬の一品種。チンに似て小形で四肢が短く、長毛。古くから中国の宮廷で飼われた。愛玩用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ペキニーズ

イヌの一品種。体重約3.2〜5.4kg。中国原産の超小型愛玩犬。秦,漢の時代から宮廷犬として伝えられた。美しい長毛で覆われ,おでこで口吻(こうふん)がつまったチン(狆)に似た顔貌。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

ペキニーズ【Pekingese】

中国原産の小型犬。後躯に向かって先細りになる体形や、長い金色の被毛から中国では、「獅子犬」「太陽犬」などといわれる家庭愛玩犬である。アヘン戦争後の1860年にイギリスに渡ったが、それ以前は1000年以上も中国皇帝の秘蔵犬として門外不出であった。祖先犬はラサ・アプソといわれる。JKCでは、第9グループ(愛玩犬)に分類する。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ペキニーズ【Pekinese】

イヌの一品種。中国原産。体高20センチメートルほどの小形愛玩犬。ラサ-アプソを祖先とし、中国の宮廷で愛育され、長らく門外不出であった。体毛が長く、毛色は赤茶・黒・白などさまざま。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペキニーズ
ぺきにーず
Pekingese

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種。中国原産の愛玩(あいがん)犬で、四肢が短く、やや長胴の感じがあり、大きな頭部をしていて、全身が豊富な美しい長毛に覆われている。小形犬ではあるが、どっしりした重厚みがあり、アジアに伝わる獅子舞(ししまい)の獅子を思わせる。鼻梁(びりょう)は短く、頭蓋(とうがい)は幅広くて大きく、目と目の間隔も広い。目は丸くて大きく突出している。口吻(こうふん)は短く、受け口。四肢は太くてやや湾曲する。尾は高く位置し、長い飾り毛をもつ。飾り毛は頸(くび)の周り、肢(あし)などにもみられる。毛色は赤、褐色、黒、白、セーブル、ブラックエンドタン、ブリンドル、斑(はん)などがあり、耳の飾り毛や口吻は黒いものが好まれる。雄は体高20センチメートル前後、体重3.2~6.5キログラム。雌はやや小さい。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペキニーズの関連キーワード先細りアメリカン・トイ・テリアアメリカン・ヘアレス・テリアキ・レオコッカープーチャイニーズ・クレステッド・ドッグノース・アメリカン・シェパードパタデール・テリアプラマー・テリアラット・テリア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペキニーズの関連情報