コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマ教 ラマキョウ

百科事典マイペディアの解説

ラマ教【ラマきょう】

チベットに発達した仏教の一派。チベット仏教の俗称。ラマとはチベット語で〈上人〉〈師〉を意味し,各自の宗教上の師をさす。仏・法・僧の三宝のほかにラマをも尊崇するのでラマ教という。
→関連項目アルタン・ハーンウランバートル活仏紅帽派黄帽派チベットチベット[人]チベット問題トゥバハルハパンチェン・ラマ飛来峰仏教ボン教密教モンゴルモンゴル[人]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラマきょう【ラマ教 Lamaism】

チベット仏教に対する俗称。インド仏教の正統を継承するものであるが,この俗称のために異端もしくは変容のはなはだしい仏教であるかのように誤解されている。ラマbla maは〈師〉を意味する。〈ラ〉は〈生命の根元〉をいう名称。〈マ〉はそれを託された人の意味。密教ではとくに師と弟子の密接な関係を重視するところから,チベット仏教の特徴と誤解され,また,中国でチベット仏教の僧を〈剌麻(喇嘛)〉と呼び慣わしたところから,日本でもこの呼称が一般化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ラマきょう【ラマ教】

〔ダライ-ラマ・パンチェン-ラマを活仏かつぶつとして尊崇するところから〕
チベット仏教の俗称。 → チベット仏教

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラマ教
ラマきょう

チベット仏教」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラマ教
らまきょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のラマ教の言及

【タマン】より

…村の従来のリーダーは世襲または選出のムルミmulmiまたはムキヤmukhiyaであるが,今日では選挙による行政村の長プラダン・パンチャpradhan pancaの力も増している。宗教面ではラマ教が主体であるが,シャマニズムなども見られ,ヒンドゥー的要素も入っている。【石井 溥】。…

【ブータン】より

… 一方,西部はモ,ウォンなどガンガダール水系の上流域からなるが,北西国境のすぐ外側をインドとチベットを結ぶ重要交通路が走っていることもあって,北から南下したチベット系住民を主とする。彼らはラマ教の紅帽派に属し,ブータン人口の約60%を占める。ブータン人とは一般に彼らを指し,男は丸坊主頭でひざまでの短い丹前に似た筒袖の着物に帯をしめ,また女はおかっぱ頭で裾の長い着物の上にブラウスをはおっている。…

【密教】より

… チベットには,7世紀にネパール,中国を経由して仏教が伝えられた。8世紀に至って,パドマサンババが密教を移入し,民族宗教であるボン教と習合してラマ教が形成された。9世紀の中ごろ,仏教は迫害を受け一時勢力を失ったが,11世紀ころから復興し,ラマ教が大いに発展した。…

【モンゴリア】より

…都城の建築は早くからあったらしいが,ウイグル時代より大きな都城建設がみられ,例えばウイグルのオルド・バリク,遼の上京臨潢府(じようけいりんこうふ),モンゴルのカラコルム等は大規模なものとして知られる。また16世紀以降モンゴリアにラマ教(チベット仏教)が浸透したことから,各地に多くの寺院が建設され,のちにはこれを中心に都市が発達する例も多くみられた。 モンゴリアの遊牧民の宗教は古くはシャマニズムであった。…

※「ラマ教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ラマ教の関連キーワードトゥメン・ジャサクトゥ・ハン(図們札薩克図汗)ドンドギーン ツェベクミッドパンディタ・ハンボラマラサ・アプソー[種]シャーンタラクシタダライ・ラマ14世ソンツェン・ガンポダライラマ一四世チベタン・テリアユーグ(裕固)族パドマサンババツェツェルレグチベット[人]エルデニ・ズーウラーンゴムチベット音楽ダライ・ラマアティーシャタシルンポ寺ドルジエフ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android