ラシード・リダー(英語表記)Rashīd Ridā

20世紀西洋人名事典の解説

ラシード・リダー
Rashīd Ridā


1865 - 1935
イスラム思想家。
カルムーニー(後のレバノン領)生まれ。
頽廃したイスラム東方諸国を復興させようとムハンマド・アブドゥフの弟子となり、1897年「マナール」誌を師の協力で発刊し、厳格な正統主義・復古派の立場からイスラム改革思想の宣伝の拠点とする。ジハードのための行動プログラムと政治哲学を提唱し、イスラム復興のためには民族や国家、信仰、行動の結合が必須であると説く。著書に「コーラン注解」「カリフ制」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android