コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政治哲学 せいじてつがく political philosophy

5件 の用語解説(政治哲学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政治哲学
せいじてつがく
political philosophy

政治の目標,あるいはその目標を達成するための政治社会の組織手段などにつき考究する学問。日本においては政治学が国家学と未分化だったため国家哲学とも呼ばれるプラトンの『ポリテイア』,アリストテレスの『ポリティケー』はポリスの哲学であり,政治哲学ないし国家哲学の古典的原型である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいじ‐てつがく〔セイヂ‐〕【政治哲学】

政治に関する哲学的考察。政治の本質・理念・価値、あるいは思想やイデオロギーなどを取り扱う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいじてつがく【政治哲学 political philosophy】

人間の共同の営みとしての政治に関する基本的な原理を究明しようとする学問。国家を含む共同体を対象とする点で国家哲学よりも広い概念であり,また,政治現象一般の反省の学である点で,実証的な政治科学political scienceとは範疇(はんちゆう)的に区別される。大別して,政治の普遍的な存立根拠を問う政治本質論,政治を規制する目的や価値を問題にする政治価値論,政治現象への接近方法を吟味する政治学方法論などからなるといえるが,政治哲学一般は存在しない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいじてつがく【政治哲学】

〔political philosophy〕 国家の本質、政治と倫理の関係、政治的権威と自由の関係など、政治の基本的原理に関する学問。
政治に対する考え方。政治的信条。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

政治哲学
せいじてつがく
political philosophy

政治の現実や理念に関する哲学的考察をさすものであるが、とくに政治科学、つまり科学としての政治学と区別して用いられる。しかし一般的には、広義の政治学、つまり政治に関する学問のなかに含められ、政治思想や政治学説と同じ意味に用いられるか、でなければ、それらの内容と重なるところが多い。さらに政治哲学といっても、厳密に哲学的な考察にとどまらず、時代をさかのぼればさかのぼるほど宗教や倫理の立場からする政治の考察もこれに含まれる。政治(科)学が実証的・分析的であるのに対して、政治哲学は政治的事象や理念の本質的・批判的・総合的考察を特徴とし、一定の世界観的立場や価値および規範の理念に基づいて考察されることが多い。いわゆる政治的イデオロギーは、そのうちに政治哲学的な部分を含むが、政治的イデオロギーが全体として政治哲学的考察と批判の対象になることが多い。
 近年、政治に関する実証的・科学的分析が、とくに行動論behavioralism的立場から強調されるに及んで、政治哲学的考察はあまり学問的関心をよばなくなった。さらに、「脱イデオロギー化」や「イデオロギーの終焉(しゅうえん)」が叫ばれる現代の風潮のなかでは、政治的イデオロギーに対する批判的省察も影を潜め、政治哲学の没落がささやかれるようになった。こうした状況のなかで、政治に関係する哲学的考察が依然、重要視されている領域としてかろうじて残ったのは科学方法論methodologyに関する哲学的考察であった。科学で用いられる方法の妥当性、その有効性と限界に関する議論は、科学的考察の領域を越えた哲学的考察に属する。
 けれども最近、行動主義的科学に対する反省がおこってくるにつれて、政治における理念や価値の問題が見直されるようになり、いわゆる「脱行動論的革命」(D・イーストン)が叫ばれるようになってから、ふたたび政治哲学に対する新たな関心が呼び起こされるようになり、「政治哲学の復権」がしきりといわれている。この場合の政治哲学は、行動主義の立場などに対する批判としても現れているが、とりわけ、「正義」や「自由」に対する新たな関心と展開がみられる。さらに現代国家における人間の運命と状況に対する哲学的考察から、人間と国家の未来に関する省察など、政治哲学はふたたび活発な活動を展開し始めている。そして政治の哲学と科学との新しい総合が、実践を導くものとして求められている。[飯坂良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政治哲学の関連キーワード社会政治教育人間的中高層共同住宅標準管理規約有明海及び八代海の再生に関する基本方針国有林野の管理経営に関する基本計画地力増進基本方針国家公務員に関する基本法《自然と人間の歴史に関する地理学》政治ニ関スル犯罪処罰ノ件

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

政治哲学の関連情報