コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラシード・リダー Rashīd Riḍā

1件 の用語解説(ラシード・リダーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラシード・リダー【Rashīd Riḍā】

1865‐1935
シリアのカルムーニー(現,レバノン領)生れのイスラム思想家。頽廃したイスラム東方諸国を復興させようとの意欲に燃え,エジプトムハンマド・アブドゥフの弟子となる。1897年,師の協力を得て《マナールal‐Manār》誌をカイロで発刊(1936年まで。なお同誌の最終号は1940年刊)。同誌を,厳格な正統主義・復古派の立場からイスラム改革思想の宣伝の拠点とした(イスラム復興運動)。イスラム復興のためには民族・国家・信仰・行動の結合が必須であると説き,ジハードのための行動プログラム政治哲学とを提唱し,後のムスリム同胞団の運動に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のラシード・リダーの言及

【サラフィーヤ】より

アフガーニーの政治的行動主義と結合したイスラム改革の要求も,サラフィーヤに支えられていた。サラフィーヤの思想の体系的展開は,ムハンマド・アブドゥフラシード・リダーによって与えられた。サラフを預言者の教友にのみ限定せず,より広くスンナ派イスラム発展期の伝統のうちにこれを求め,アシュアリーやマートゥリーディーらもサラフだとしつつ,サラフの合理的精神に沿ってシャリーア(イスラム法)のリベラルで柔軟・斬新な再解釈を示そうとしたムハンマド・アブドゥフに対し,ラシード・リダーは師の思想を厳格な正統主義の方向に転換していった。…

【パン・イスラム主義】より

…しかし戦後,カリフ制廃止をめぐっては,インドで強力なヒラーファト運動が起こった。ラシード・リダーの《マナール》誌の活動は,カリフ制なき後のイスラム世界統合の希求に支えられていた。 第2次世界大戦後では,一時パキスタンが明確にパン・イスラム主義をうたい,イスラム世界会議Mu’tamar al‘Ālam al‐Islāmī(1926年メッカで創設,31年以降アミーン・アルフサイニーを議長としてエルサレムに本部を置いた)の本部をカラチに移した。…

【ムハンマド・アブドゥフ】より

…95年以降アズハルの組織と教育内容の改革に努力し,99年立法会議議員に指名されるとともにエジプトの最高ムフティーとなると,マーリク派の立場でマスラハ(社会的利益)とタルフィーク(適用の工夫)を重視しつつ,利子・配当,食物,衣服などに関して弾力的法解釈によるファトワー(意見書)を発した。この間,改革思想を体系的に示すため,弟子の一人ラシード・リダーの協力を得てタフシール(コーラン注釈)の完成を目ざしたが,未完に終わった。理性と啓示との調和を説く立場,帰国後の政治的漸進主義,ヨーロッパ文化への関心は,ムータジラ派とか親英派などという非難も生んだが,合理主義の立場で伝統を革新することこそ,父祖(サラフ)の時代の真に本源的なイスラムの精神を復興することであると説き,サラフィーヤの近代主義的展開に礎石を据え20世紀イスラム改革思想に決定的方向づけを与えた。…

※「ラシード・リダー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラシード・リダーの関連キーワードデカルコマニートスカニーニシャルムーズパニーニエキュメニカルムーブメントフルムーンブローニーブローニーフィルムニーニームーニー粘度

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone