コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラジオ波焼灼療法 らじおはしょうしゃくりょうほう

家庭医学館の解説

らじおはしょうしゃくりょうほう【ラジオ波焼灼療法】

 PMCTと同様の方法で、より周波数の低いラジオ波を利用してがんを焼きとる方法です。1回の治療効果が高いため、早期肝細胞がんでは主流になりつつある治療法で、肝臓がんについては保険適用が認められています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

ラジオ波焼灼療法の関連キーワード肝癌

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android