コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスタンヌーラ Ras Tanura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラスタンヌーラ
Ras Tanura

ラスは岬の意でアラビア語では Ra's at-Tannūrah。サウジアラビア東部,ハサ地方にあるペルシア湾に突出した小さな岬の港湾都市。 1930年代に油田の発見とともに開発され,石油の大積出港となった。ザフラーンの北 40kmに位置する。付近には大製油所,貯蔵タンクがあり,数多くの大口径パイプラインで連絡する。多数の大型タンカーが寄港する。人口約 6300。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラスタンヌーラの関連キーワードアブカイク油田サファーニーヤブカイク

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android