コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスタンヌーラ Ras Tanura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラスタンヌーラ
Ras Tanura

ラスは岬の意でアラビア語では Ra's at-Tannūrah。サウジアラビア東部,ハサ地方にあるペルシア湾に突出した小さな岬の港湾都市。 1930年代に油田の発見とともに開発され,石油の大積出港となった。ザフラーンの北 40kmに位置する。付近には大製油所,貯蔵タンクがあり,数多くの大口径パイプラインで連絡する。多数の大型タンカーが寄港する。人口約 6300。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラスタンヌーラの関連キーワードアブカイク油田サファーニーヤブカイク

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android