コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッフル ruffle

翻訳|ruffle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラッフル
ruffle

ひだやギャザーをとること,またはひだやギャザーをとった装飾布。布の一方の縁,または中心を縫い止め,他方の縁,あるいは両縁を放してひらひらさせてある。細幅の布,レース,リボンなどを用い,衣服,カーテン,家具おおいなどに縫いつけ,縁の始末および装飾とする。衣服ではおもに婦人子供服の襟ぐり,カフス前立て,胸,裾などに用いる。 19世紀までは,男性もシャツの胸前や袖口,襟などにつけていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラッフル(ruffle)

《ひだ飾りの意》礼装用のドレスシャツなどの胸に付けられる飾り。布片をギャザーにしたり、プリーツにしたりして前立ての脇に首元から裾(すそ)あたりまで付けられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ラッフル【ruffle】

(襟元など)洋服の縁に縫い付けた幅広のひだ。また、そのようなひだを縫い付けたデザイン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ラッフルの関連キーワードイメージセントアンドリュース教会セントアンドルーズ大聖堂ファン・ホーヘンドルプフォートカニングパークボロブドゥル寺院遺跡群シンガポールスリングシンガポール(都市)シンガポール(市)エリザベスウォークアブドゥッラー物語リー・クアン・ユーシンガポール・ドルサボイ・トラッフルラッフルズプレースリー・クワンユーゴー チョクトンリー クアンユーシェントンウエーエリザベスカラー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラッフルの関連情報