コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラツィオ州 ラツィオLazio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラツィオ〔州〕
ラツィオ
Lazio

イタリア中西部に位置し,ローマを中心都市とする州。古代名ラチウム Latium。フロジノーネ県,ラティナ県,リエティ県,ビテルボ県,ローマ県の 5県からなる。古くは北のエトルリア文化と南のギリシア文化(→ギリシア文明)との接触地帯で,13市からなるラテン連盟(ラチウム連盟)が結成された。やがてローマが連盟に加わり,前338~前335年頃連盟が解体し,ローマの広域にわたる支配権が確立した。石灰岩山地,湖沼の多い火山地帯と狭い海岸の沖積平野からなる。平野はコムギの栽培と牧畜地帯で,斜面ではブドウとオリーブが栽培される。かつてマラリアの弊害を抱えていたポンティノ湿地帯は,干拓によって豊かな農牧地となった。ローマ,カッシーノラティナで工業が発達。面積 1万7203km2。人口 530万4778(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラツィオ(Lazio)

イタリアの中央部にある州。ローマ首都圏として商工業が発展する一方、果樹栽培なども盛ん。ビテルボ県・フロジノーネ県・ラティーナ県・リエーティ県・ローマ県がある。州都はローマ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ラツィオ州の関連キーワードチェルヴェテリとタルキニアのエトルリア古代都市群ティヴォリのエステ家別荘アルバーノ・ラツィアーレカステル・ガンドルフォカステル・ガンドルフォカステルガンドルフォチビタカステラーナアマトリチャーナブラッチャーノ湖チルチェオ[山]ブラッチアーノ湖フラスカーティポンティーノ原フェレンティノチビタベッキアタルクイニアトゥスカニアフラスカティボルセーナ湖フィウミチノ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラツィオ州の関連情報