コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラトラーム Ratlām

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラトラーム
Ratlām

インド中部,マディヤプラデーシュ州西部の都市。インドール北西約 100kmに位置。かつてラトラーム藩王国の首都で,イスラム君主の宮殿やジャイナ教寺院を含むいくつかの史跡がある。農産物交易の中心地であると同時に工業も重要で,綿花加工,絹織物,製糖,搾油などのほか陶器,嗅ぎたばこの製造などが盛ん。音楽院,ビクラム大学のカレッジがある。人口 18万 3370 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラトラームの関連キーワードマルワ(インド)ジャーブア

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android