コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラナオデルスル州 ラナオデルスルLanao del Sur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラナオデルスル〔州〕
ラナオデルスル
Lanao del Sur

フィリピン,ミンダナオ島北部,ラナオ台地の南部を占める州。南西部はイリャナ湾に接する。州都マラウイ。南部にはラガング,マカトゥリングなどの活火山があり,北部にはラナオ湖がある。人口はラナオ湖周辺に多く,イネ,トウモロコシ,ココヤシ,芋類,マニラアサを栽培。漁業は淡水,海水ともに盛んである。 15~16世紀にイスラム教が広まり,スペイン,アメリカの支配に強く抵抗したが,1913年アメリカの統治に組入れられた。人口の 90%をイスラム教徒のマラナオ族が占める。面積 3873km2。人口 40万 4971 (1980) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android