コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラナーク Lanark

世界大百科事典 第2版の解説

ラナーク【Lanark】

イギリス,スコットランド中部,ストラスクライド州南東部にある農業都市。1974年までは旧ラナークシャー州都であった。人口9778(1981)。クライド川上流右岸近くの台地に位置し,周辺農業地帯の中心として牛市などが立つほか,皮革,農業機械,繊維の諸工業もみられる。12世紀にデービッド1世によって王立都市として建設され,以後スコットランド王がしばしば城に住んで周辺の森で狩猟を行った。また13世紀にはイングランドからの独立闘争を開始したW.ウォーレスが近くの洞穴に隠れ住んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ラナークの関連キーワードハーディ(James Keir Hardie)オーエン(Robert Owen)バンクーバー冬季オリンピックイーストダンバートンシャージェームズ・ケア ハーディマザーウェル・ウィショーノースラナークシャーイーストキルブライドサウスラナークシャークライド滝野生保護区スターリングシャーアラスター グレイアンドルー キアートーマス ミューアダンバートンシャークライズデール種コリン マクレーカンバーノールドニュー・ラナーククライド[川]