コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラバノテーション Labanotation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラバノテーション
Labanotation

R.ラバンによって発明された舞踊記譜法。 Kinetography Labanともいう。 1928年ラバンの出版した『舞踊記録』 Schrifttanzをもとに,長年の研究によってあらゆる動きに適用されるようになった。以前の舞踊譜はバレエなどの決った舞踊しか記述できなかったが,この舞踊譜は抽象的記号を用い,使用される動きの基本的な成分を符号で表わし,調子の変化とタイミング,連続性とを示すもので,運動のあらゆる形態を記録することができるため,さまざまな踊りの記述が可能となった。縦に3本の直線を引いて身体の右,中央,左を示し,動きだけでなく,方向,スピードまで記述される。アメリカ,イギリスなどには「舞踊譜協会」があり,舞踊の記録,保存とラバノテーションの教育,普及に努めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラバノテーションの関連キーワードR.v. ラバンハッチンソン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラバノテーションの関連情報