ラバルム(英語表記)Labarum

翻訳|labarum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラバルム
Labarum

ローマ皇帝コンスタンチヌス1世 (大帝) によって採用された皇帝の標章。キリスト Christosとローマの頭文字X・P (キー・ロー) の2字を組合せたもの。この形は 317年の貨幣に初めて現れる。ラクタンチウス,エウセビウスによれば 312年の戦いでマクセンチウスを破った際,キリストの幻がこの標章をコンスタンチヌスに示し,彼はこれを兜と兵士の楯に印したとされるが,この記述はコンスタンチヌスのキリスト教への改宗の時期とからんで多くの論議を呼んでいる。いずれにせよローマ伝統のウェクシルムに代るキリスト教的標章として採用されたものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android