コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラバルム Labarum

翻訳|Labarum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラバルム
Labarum

ローマ皇帝コンスタンチヌス1世 (大帝) によって採用された皇帝の標章。キリスト Christosとローマの頭文字X・P (キー・ロー) の2字を組合せたもの。この形は 317年の貨幣に初めて現れる。ラクタンチウス,エウセビウスによれば 312年の戦いでマクセンチウスを破った際,キリストの幻がこの標章をコンスタンチヌスに示し,彼はこれを兜と兵士の楯に印したとされるが,この記述はコンスタンチヌスのキリスト教への改宗の時期とからんで多くの論議を呼んでいる。いずれにせよローマ伝統のウェクシルムに代るキリスト教的標章として採用されたものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラバルムの関連キーワードコンスタンチヌス1世(大帝)ラクタンチウスエウセビウスクリスモン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android