ラフマニノフ:熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ原曲)/piano solo(読み)Flight of the Bumble-Bee(RIMSKY-KORSAKOV)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

ラフマニノフ:熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ原曲)/piano solo

原曲は「クマバチは飛ぶ」「クマンバチは飛ぶ」などとも呼ばれる、リムスキー=コルサコフのオペラ「皇帝サルタンの物語」中の一曲で、ハチの群れが白鳥を襲う場面に付けられた音楽。これをラフマニノフがピアノ独 ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android