コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルサコフ コルサコフKorsakov

6件 の用語解説(コルサコフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルサコフ
コルサコフ
Korsakov

ロシアのサハリン州港湾都市サハリン島(樺太)南部,アニバ湾に臨み,州都ユジノサハリンスクの南約 30kmに位置する。18世紀末,松前藩がここに番屋を置き,樺太経営の拠点としたが,ロシアは 1853年軍事拠点を築き,1875年から公式にロシア領となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コルサコフ(Sergey Sergeevich Korsakov)

[1854~1900]ロシアの精神病学者。1887年、慢性アルコール中毒者にみられる精神異常障害、失見当、記銘障害、健忘などを最初に報告。後にコルサコフ症候群として分類された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

コルサコフ

ロシア,サハリン州(樺太)南部,アニワ湾に臨むサハリン最大の港湾都市。日本名大泊(おおとまり)(1946年まで)。北部への鉄道の基点。紙器,缶詰,寒天製造,船舶修理などの工場がある。
→関連項目樺太開拓使樺太庁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コルサコフ【Korsakov】

ロシア連邦,サハリン島(樺太)南部のアニワ湾沿岸にある都市。人口4万5300(1992)。旧称大泊(おおとまり)。サハリン島最良の港で知られる。1790年松前藩によって当時のクシュンコタンに漁場と交易所が開かれて以来,日本の樺太経営の中心地となり,1875年の樺太・千島交換条約後のロシア領時代はコルサコフ州政庁の所在地であった。1905年ポーツマス条約により南樺太が日本領となってのち大泊と改名。まもなく樺太庁は豊原(現,ユジノ・サハリンスク)に移転したが,その後も樺太の商業中心地としてとどまり,各種の官庁施設,銀行,中等学校のほか王子製紙・樺太漁業・樺太寒天・東洋養狐場などの事業所や工場がおかれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

コルサコフ【Korsakov】

ロシア連邦、サハリン南部にある港湾都市。パルプ・水産加工業が盛ん。大泊おおどまり

コルサコフ【Sergei Sergeevich Korsakov】

1854~1900) ロシアの精神病理学者。コルサコフ症候群を報告。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のコルサコフの言及

【樺太・千島交換条約】より

…(2)ロシアはその代償として千島群島18島の一切の権利を日本に譲り,以後千島全島は日本に属し,カムチャツカ半島とシュムシュ(占守)島の間の海峡を両国境界とする。(3)日本の好意に酬いるため,以後10年間コルサコフ(久春古丹)入港の日本船の港税と海関税を免除し,同港に日本領事館を置く権利を認め,オホーツク海とカムチャツカ諸港の日本人漁業権を承認する。【藤村 道生】。…

※「コルサコフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コルサコフの関連情報