コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルサコフ Korsakov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルサコフ
Korsakov

ロシアのサハリン州の港湾都市サハリン島樺太)南部,アニバ湾に臨み,州都ユジノサハリンスクの南約 30kmに位置する。18世紀末,松前藩がここに番屋を置き,樺太経営の拠点としたが,ロシアは 1853年軍事拠点を築き,1875年から公式にロシア領となった。1905~45年再び日本領となり,製紙工場などが建設され,稚内との間に連絡船が運航していた。サハリン島最大の港湾都市で,船舶修理,パルプ・製紙,水産加工などの工業がある。サハリン縦貫鉄道の起点。1995年稚内とのフェリーの定期航路が再開。日本名大泊(おおどまり)。人口 4万5300(1991推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コルサコフ(Sergey Sergeevich Korsakov)

[1854~1900]ロシアの精神病学者。1887年、慢性アルコール中毒者にみられる精神異常障害、失見当、記銘障害健忘などを最初に報告。後にコルサコフ症候群として分類された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

コルサコフ

ロシア,サハリン州(樺太)南部,アニワ湾に臨むサハリン最大の港湾都市。日本名大泊(おおとまり)(1946年まで)。北部への鉄道の基点。紙器,缶詰,寒天製造,船舶修理などの工場がある。
→関連項目樺太開拓使樺太庁

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コルサコフ【Korsakov】

ロシア連邦,サハリン島(樺太)南部のアニワ湾沿岸にある都市。人口4万5300(1992)。旧称大泊(おおとまり)。サハリン島最良の港で知られる。1790年松前藩によって当時のクシュンコタンに漁場と交易所が開かれて以来,日本の樺太経営の中心地となり,1875年の樺太・千島交換条約後のロシア領時代はコルサコフ州政庁の所在地であった。1905年のポーツマス条約により南樺太が日本領となってのち大泊と改名。まもなく樺太庁は豊原(現,ユジノ・サハリンスク)に移転したが,その後も樺太の商業中心地としてとどまり,各種の官庁施設,銀行,中等学校のほか王子製紙・樺太漁業・樺太寒天・東洋養狐場などの事業所や工場がおかれていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コルサコフ【Korsakov】

ロシア連邦、サハリン南部にある港湾都市。パルプ・水産加工業が盛ん。大泊おおどまり

コルサコフ【Sergei Sergeevich Korsakov】

1854~1900) ロシアの精神病理学者。コルサコフ症候群を報告。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

コルサコフ

生年月日:1854年2月3日
ロシアの精神病理学者
1900年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のコルサコフの言及

【樺太・千島交換条約】より

…(2)ロシアはその代償として千島群島18島の一切の権利を日本に譲り,以後千島全島は日本に属し,カムチャツカ半島とシュムシュ(占守)島の間の海峡を両国境界とする。(3)日本の好意に酬いるため,以後10年間コルサコフ(久春古丹)入港の日本船の港税と海関税を免除し,同港に日本領事館を置く権利を認め,オホーツク海とカムチャツカ諸港の日本人漁業権を承認する。【藤村 道生】。…

※「コルサコフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コルサコフの関連キーワードローゼンブラット:リムスキー・コルサコフの主題によるファンタジー/2 pianos 4 handsラフマニノフ:熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ原曲)/piano soloコルサコフ(Sergey Sergeevich Korsakov)アンドレイ リムスキー・コルサコフイッポリトフ・イワーノフユジノ・サハリンスクストラヴィンスキーサルタン皇帝の物語ダルゴムイシスキーM. イッポリトフミヤスコフスキーストラビンスキーロシア国民楽派プロコフィエフオジョルスキーグレチャニノフムソルグスキースペイン奇想曲シェヘラザードシェエラザード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コルサコフの関連情報