ラベンナの初期キリスト教建築物群(読み)ラベンナのしょきキリストきょうけんちくぶつぐん

百科事典マイペディアの解説

ラベンナの初期キリスト教建築物群【ラベンナのしょきキリストきょうけんちくぶつぐん】

イタリアの北東部,アドリア海近くに位置するラベンナは,5世紀には西ローマ帝国の首都にもなった古都で,市内には5〜6世紀に建てられたガッラ・プラチーディアのサン・ビターレ教会,サンタポッリナーレ・ヌオーボ教会など多くの初期キリスト教の建築物があり,それらの内部にはビザンチン様式の豪華な優れたモザイク装飾の傑作が数多く残されている。1996年世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android