ラベンナの初期キリスト教建築物群(読み)ラベンナのしょきキリストきょうけんちくぶつぐん

百科事典マイペディアの解説

ラベンナの初期キリスト教建築物群【ラベンナのしょきキリストきょうけんちくぶつぐん】

イタリアの北東部,アドリア海近くに位置するラベンナは,5世紀には西ローマ帝国の首都にもなった古都で,市内には5〜6世紀に建てられたガッラ・プラチーディアのサン・ビターレ教会,サンタポッリナーレ・ヌオーボ教会など多くの初期キリスト教の建築物があり,それらの内部にはビザンチン様式の豪華な優れたモザイク装飾の傑作が数多く残されている。1996年世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android