コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマトガン Ramat Gan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラマトガン
Ramat Gan

イスラエル中西部,テルアビブヤフォの北東に隣接する都市。大都市圏に含まれる。 1920年にユダヤ人の農業入植地として造成されたが,30年代からはテルアビブの衛星住宅地として発展。名称は「庭園の丘」を意味し,公園や森の多い閑静な住宅地となっている。大使館や外国公邸も集中している。スポーツ競技場があり,国際的なユダヤ人の体育大会マカビヤ祭が開催される。チョコレート製造,柑橘類のジャム,織物,建材,たばこなどの軽工業が盛ん。ダイヤモンド交易のイスラエルでの本拠地である。人口 11万 6100 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラマトガンの関連キーワードシャロンペレス

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android