テルアビブヤフォ(英語表記)Tel Aviv-Yafo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テルアビブヤフォ
Tel Aviv-Yafo

テルアビブジャファ Tel Aviv-Jaffaともいう。イスラエルの最大の都市。同国地中海沿岸に位置する。ヤフォ (ヨッパ) は聖書にも登場するパレスチナの古い港町で,その起源は前 2000年にさかのぼるといわれる。 1909年ヤフォの北に接して海岸にテルアビブを建設し,50年合併。パレスチナのユダヤ人入植の中心地として急速に発展拡大し,ビジネス街や繁華街を中心に,工業地帯が北部と南部に広がり,10kmにわたる細長い港湾都市となった。工業は繊維,縫製,食品,たばこ,金属,技術,運送車両,ダイヤモンド研磨,家具,木工,電気器機など。周辺の都市化が進行し,ラマトガンバネブラークバートヤムホーローンなど隣接する衛星諸都市と市街地が連なって,広大な百万人都市圏を形成している。テルアビブ大学 (1953創立) ,博物館など文化施設も多く,実質的な同国の経済,行政,文化の中心地。テルアビブ,ヤフォ両港は,沿岸漁業,貿易の基地。人口 32万 1700 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android