コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャム じゃむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ジャム

プリンターなどの内部用紙が詰まること。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジャム(Francis Jammes)

[1868~1938]フランス詩人田園風物・人々を平明にうたった。詩集夜明けの鐘から夕べの鐘まで」「キリスト教徒の農事詩」など。

ジャム(jam)

果実に砂糖を加えて煮詰めた保存食品。多く、イチゴ・リンゴ・ミカン・ブドウ・アンズ・木イチゴ類などを用いる。コンフィチュール

ジャム(jam)

《詰め込む、押し込むの意から》コピー機やプリンターの内部で用紙が詰まること。ペーパージャム。
ジャムセッション」の略。

ジャム(Jammu)

ジャンム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジャム

果実の果肉に砂糖を加え煮つめたもの。イチゴ,リンゴ,アンズ,イチジクなどが使用される。果実原形を保つようにしたプレザーブ,柑橘(かんきつ)類の皮を入れたマーマレードなどがあり,パンにつけたり,菓子の材料にする。

ジャム

フランスの詩人。ピレネー山麓に生まれ,自然を愛してその地で一生を送る。牧歌的な詩集《暁のから夕べの鐘まで》(1898年)がマラルメに認められ,《野兎物語》《キリスト教農耕詩》など平明でカトリック詩人としてのやさしさのある作品を書いた。
→関連項目驢馬

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

ジャム

 果実を砂糖と煮た保存食品.粘度を与えるためペクチンなどを添加することがある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ジャム【jam】

果物に砂糖を加えて煮詰め、保存性を持たせた食品。いちご・りんご・あんず・オレンジ・ブルーベリーなどがよく用いられる。果実に含まれるペクチンに酸と糖質が作用して透明なペースト状になる。パンに塗ったり、菓子に用いたりする。果実の原形を残すように作ったものを「プリザーブ」、オレンジなど柑橘類を用い、その果皮を含むものを「マーマレード」という。◇「コンフィチュール」ともいう。「コンフィチュール」はフランス語。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ジャム

キャラクター事業のサンエックスが製作したキャラクターシリーズ「Berry Puppy」のキャラクター。茶色い犬。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャム【jam】

果実あるいは果肉に砂糖を加えて適当な濃度にまで煮つめたもの。〈押しつぶす〉の意の同形の動詞に由来する語と考えられている。パンにぬったり,ケーキ,ペーストリー,タルト,クレープなどに風味づけと彩り,飾りを兼ねて用いられる。果実や果肉は原形を保たなくてもよく,ふつうは煮くずれて混濁している。ゼリー状になるのは,果実中のペクチンと酸に砂糖が作用することによるもので,糖度は65%内外である。果実や果肉の形が残っているものはプレザーブpreserveという。

ジャム【Francis Jammes】

1868‐1938
フランスの作家。ピレネー山脈に近いベアルン,バスク地方で安穏な生活を送りながら,田園の風景,人間,動物,静物などを自由詩形式でうたい,早くからジッド,マラルメらに認められた。《暁のアンジェラスから夕べのアンジェラスまで》(1898)で一躍筆名を高めた後,写生を旨とする〈ジャム主義〉という一種のナチュリスム宣言を書いた。《桜草の喪》(1901)につづく《空の森の空地》(1906)では,友人クローデルの導きで得た信仰の光をうたうとともに,詩形の上でも伝統的定型詩に立ち戻った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ジャム【jam】

果物に砂糖を加えて加熱し、濃縮した食品。
プリンターなどで、用紙が内部で詰まり動かなくなる状態。
ジャム-セッションの略。

ジャム【Francis Jammes】

1868~1938) フランスの詩人。田園の暮らしを素朴な自由詩で綴った。詩集「夜明けの鐘から夕べの鐘まで」「キリスト教徒の農牧詩」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャム
Jammes, Francis

[生]1868.12.2. オートピレネー,トゥルネー
[没]1938.11.1. バスピレネー,アスパレン
フランスの詩人。 1891年頃から詩集を出しはじめ,徐々に初期の厳格な詩形を捨てて自由で柔軟な作詩法に向い,マラルメに認められた。『暁の鐘から夕べの鐘まで』 De l'Angélus de l'aube à l'Angélus du soir (1898) で独自の詩境を開拓,平明で飾り気のない詩句で,生涯の大半を過したアスパレンの自然や風俗,素朴な生活者の感慨を歌った。『クララ・デレブーズ』 Clara d'Ellébeuse (99) などの感傷的な小説もあるが,1905年カトリックに改宗してからは,敬虔な宗教的雰囲気に満ちた詩集『空のすきま』 Clairières dans le ciel (1906) ,『キリスト教農耕詩』 Les Géorgiques chrétiennes (11~12) などを著わした。

ジャム
jam

果実の果肉をつぶし,砂糖を加えて加熱濃縮して,果実に含まれている酸とペクチンによってゼリー化させた製品。果肉のまま,あるいはその一部が原形を保ったまま製品化したものをプレザーブともいう。ジャムの原料としてはいちご,りんご,あんず,みかん,桃,いちじく,ぶどう,すももなど各種の果実が用いられる。果皮,果芯のあるものはまずこれを除いて細かく切るか,あるいはつぶす。次いで,汁液の多いものはそのまま,少いものには水を加えて十分に煮熟し,りんごなどの場合は裏ごしする。これに砂糖を加えてさらに煮熟濃縮する。砂糖の添加量は原料の種類,熟度によって異なるが,砂糖と原料の混合割合はほぼ等量ぐらいが適当とされる。工場製品はできあがりの糖度規格 (糖度 65%以上) が定められているが,家庭用はそれぞれ好みによる。ジャムは貯蔵性をもった食品であるが,糖度 55%以下では長期の貯蔵は期待できない。ジャム製品がゼリー化してくるのは製品中の砂糖,ペクチン,有機酸の量が一定の割合で存在する場合で,いちごジャムを製造する場合にはペクチンを補うことが多い。酸度も 0.3~0.5%ぐらいが適量で,酸が不足する場合はクエン酸,酒石酸,リンゴ酸などを加える。最近では加熱だけでなく,超高圧をかけてつくられることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジャムの関連キーワードジャム・セッション[jam session]ブルーベリーのタルト チーズケーキ仕立てBeautiful Chaserジャムのミナレットと考古遺跡群ジャズ・セッション・プレーヤー宝島/島バナナコンフィチュールアートマイルプロジェクト愛してるのに、愛せないシー・ジャム・ブルースRussian tea加藤あきら(GABU)BONNIEPINKジャムシェドプールユキ・ラインハートFollow Meドン・フランシスコブラックカラント10円コンサートDJTAISEIジャム エンソル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャムの関連情報