コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマナ・マハルシ Ramaṇa Maharṣi

世界大百科事典 第2版の解説

ラマナ・マハルシ【Ramaṇa Maharṣi】

1879‐1950
近代インド神秘主義者。南インド,マドゥライ近郊の中流のバラモンの家庭で,弁護士の次男として生まれたごく平凡な子どもであったが,17歳のとき,突然根本体験を経験し,アルナーチャラ(〈赤い山〉。タミル語でティルバンナーマライ)山の麓にこもって50年間,終生一歩もそこを離れることがなかったといわれる。たいへん感化力の強い人で,多くの人々が国の内外から訪れた。その著作の大部分はタミル語の詩であるが,なかにはタミル語の散文で書かれた若干の小品やシャンカラに帰せられている作品のタミル語訳も含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラマナ・マハルシの関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎電気機械器具工業アフリカン・アメリカン音楽ロック(ポピュラー音楽)冤罪大庭秀雄黒澤明成瀬巳喜男マキノ雅広

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone