コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマナ・マハルシ Ramaṇa Maharṣi

1件 の用語解説(ラマナ・マハルシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラマナ・マハルシ【Ramaṇa Maharṣi】

1879‐1950
近代インド神秘主義者。南インド,マドゥライ近郊の中流のバラモンの家庭で,弁護士の次男として生まれたごく平凡な子どもであったが,17歳のとき,突然根本体験を経験し,アルナーチャラ(〈赤い山〉。タミル語でティルバンナーマライ)山の麓にこもって50年間,終生一歩もそこを離れることがなかったといわれる。たいへん感化力の強い人で,多くの人々が国の内外から訪れた。その著作の大部分はタミル語の詩であるが,なかにはタミル語の散文で書かれた若干の小品やシャンカラに帰せられている作品のタミル語訳も含まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラマナ・マハルシの関連キーワードジャーミー神秘主義スーフィズムニコルソンベーメラーマクリシュナルーミー主義者神秘主義文学イブンアラビー

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone