コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タミル語 タミルご Tamil language

7件 の用語解説(タミル語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タミル語
タミルご
Tamil language

インドのタミルナードゥ州スリランカ北半その他に,合せて約 4600万人の話し手をもつ言語。タミルナードゥ州の公用語。ドラビダ語族に属する。古くから文字をもち,前3世紀の碑文があり,豊富な文学を生み出している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

タミル‐ご【タミル語】

Tamilドラビダ語族に属する言語。インド南東部のタミル‐ナド州を中心に、スリランカ北部などでも話されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タミル語【タミルご】

タミル人の言語。ドラビダ語族に属する。インドおよびスリランカの公用語の一つ。東南アジア各地,アフリカの一部などでも移民により使用される。最古の文典は1世紀にさかのぼるといわれ,サンスクリット文学を除きインドで最も古く豊富な文学を発達させた。
→関連項目シンハラ語マラヤーラム語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タミルご【タミル語 Tamil】

インド亜大陸南部に住むドラビダ人の主要言語のひとつ。タミル・ナードゥ州(州都マドラス。人口約4800万)の公用語であるほか,スリランカ北部ジャフナ地域(400万人),マレーシアインドネシア(合わせて100万人),中部と南部のアフリカの一部,マダガスカルフィジー諸島などで,おもに移住民によって話されている。文字をもつ四つのドラビダ語(タミル,テルグ,カンナダ,マラヤーラム)のうち,タミル語西暦紀元初頭にまでさかのぼる文献をもつ唯一の言語であり,また,語彙借用の面を除いてインド・ヨーロッパ系言語の影響が最も少ないため,ドラビダ語族を代表する言語とみなされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

タミルご【タミル語】

インド南東部のチェンナイ(マドラス)、およびスリランカ北東部を中心に分布する言語。ドラビダ語族に属す。インドとシンガポールでは公用語の一つ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典の解説

タミルご【タミル語】

ドラビダ語族に属する言語。インド南部のタミル-ナードゥ州の公用語で、スリランカとシンガポールでは公用語の一つ。マレーシア、インドネシア、マダガスカルなどでも移民の子孫を中心に話されている。話者数は7400万人。南方系ブラーフミー文字が変化したタミル文字が使われる。ドラビダ語族のなかで最も古い文献(紀元前後までさかのぼる)をもち、また、インドアーリア語派インド語派)の影響が最も少ない言語とされる。言語の構造は膠着語に近く、名詞は8つの格を接尾辞の付加によってつくり、語順も日本語に似ている。◇英語でTamil。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タミル語
たみるご

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタミル語の言及

【スリランカ】より

…1956年以降シンハラ語が公用語とされている。少数民族のうちで最大のものは,タミル人Tamilであり,総人口の18.2%(1981)を占める。このうち12.7%のスリランカ・タミル人は,シンハラ人同様に古くから定住していたが,5.5%のインド・タミル人は英領時代にプランテーション労働者として来島し,スリランカとインドの両国政府から市民権を拒否されている。…

【インド[国]】より

…正式名称=インドBharat∥India面積=328万7263km2(ジャンムー・カシミール(12万1667km2)を含む)人口(1996。ジャンムー・カシミールを含む)=9億5296万人首都=ニュー・デリーNew Delhi(日本との時差=-3.5時間)主要言語=ヒンディー語(公用語),英語(準公用語),テルグ語,アッサム語,マラーティー語,ベンガル語,タミル語など憲法にあげられている17の地方の公用語通貨=ルピーRupee国名はヒンディー語ではバーラトBharatという。インドは北半球に属し,その面積は,ヨーロッパの面積からイギリス,アイルランド,スカンジナビア諸国,ヨーロッパ・ロシアの面積を引いたものにほぼ等しい。…

【シェン・タミル】より

…古代南インドで標準的な文章語と考えられ,以後,古典文献の注釈書などで理想的な文体とされてきた〈純正のタミル語〉。マドゥライ周辺の方言が基礎となったとみられ,サンスクリット(プラークリット)による侵食が少ない点に特色がある。…

【スリランカ】より

…正式名称=スリランカ民主社会主義共和国The Democratic Socialist Republic of Sri Lanka面積=6万5610km2人口(1996)=1831万人首都=スリ・ジャヤワルダナプラ・コーッテSri Jayawardanepura Kotte(日本との時差=-3.5時間)主要言語=シンハラ語,タミル語通貨=スリランカ・ルピーSri Lanka Rupeeインド亜大陸の南東端の海上に位置する,セイヨウナシの形をした島国である。英領時代には,外国ではセイロンとして知られていた。…

【ドラビダ語族】より

…ドラビダ語族に属する言語としては,固有の文字と文献とをもち,インドの公用語ともなっている,タミル語,マラヤーラム語,カンナダ語,テルグ語と,文字をもたない18(あるいはそれ以上)の言語とがある。これら諸語は,地域と言語の特徴とに基づいて,北部ドラビダ語,中部ドラビダ語,南部ドラビダ語の三つに大別される。…

※「タミル語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タミル語の関連キーワードインド亜大陸ドラビダ語族マラヤーラム語インド半島南アジアドラビダ族ドラビダアンナードゥライドラビダ人ドラビダ人種

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タミル語の関連情報