コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマン‐ナス回折 Raman-Nath diffraction

1件 の用語解説(ラマン‐ナス回折の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ラマン‐ナス回折【Raman-Nath diffraction】

等方性の物体中に超音波を照射し,この粗密波面と垂直方向から光を照射したとき,媒体中の音波は粗密波なので屈折率が周期的な変動が現れ,その結果として出射光はいくつかの回折による平面波の重なりとなり,全体の強度は不変でも強度の凹凸をもった波となる.この振幅 v を音波の幅 L,屈折率の振幅 δn,光の波長を λ で表すと

となるが,この vラマン‐ナスパラメータという.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラマン‐ナス回折の関連キーワード超音波超音波断層法等方性等方体超音波診断法超音波検査法超音波処理カー電気・光効果磁気音響効果デバイ‐シアーズ効果

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone