コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマン‐ナス回折 Raman-Nath diffraction

法則の辞典の解説

ラマン‐ナス回折【Raman-Nath diffraction】

等方性の物体中に超音波を照射し,この粗密波面と垂直方向から光を照射したとき,媒体中の音波は粗密波なので屈折率が周期的な変動が現れ,その結果として出射光はいくつかの回折による平面波の重なりとなり,全体の強度は不変でも強度の凹凸をもった波となる.この振幅 v を音波の幅 L,屈折率の振幅 δn,光の波長を λ で表すと

となるが,この v をラマン‐ナスパラメータという.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android