コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマン Raman, Sir Chandrasekhara Venkata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラマン
Raman, Sir Chandrasekhara Venkata

[生]1888.11.7. マドラス,トリキノポリ
[没]1970.11.21. インド,バンガロール
インドの物理学者。マドラス大学卒業。財務省に入り (1907) ,会計監査役として 10年間勤務しながら研究を続け,その後カルカッタ大学教授 (17) 。 1928年可視光線の分子による散乱を研究し,ラマン効果を発見,分子構造研究の有力な方法への道を開いた。 29年ナイトの称号を贈られる。 30年ノーベル物理学賞受賞。インド科学研究所所長 (33) ,ラマン研究所初代所長 (47) 。インド科学アカデミーを創設し『インド物理学雑誌』 Indian Journal of Physicsを創刊,インド科学振興に絶大な貢献をした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラマン

インドの物理学者。マドラスの大学を出て,インド大蔵省に勤め,1917年カルカッタ大学教授,1933年バンガロールのインド科学研究所教授,1948年ラマン研究所長。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ラマン

やまだないとによる漫画作品。17歳の少女が1年間、3人の男たちの愛人になる契約を結ぶ。3人の男たちに秘められた過去が徐々に明かされていく。『WEEKLY漫画アクション』1995年~1996年に連載。双葉社アクションコミックス全1巻。2005年、廣木隆一監督による映画が公開された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラマン【Chandrasekhara Venkata Raman】

1888‐1970
インドの物理学者。ティルチラパリの生れ。マドラスのプレジデンシィ・カレッジで物理学を学んだ後,大学院に進み光学と音響学を研究,さらに高度の学問を学ぼうと渡英を考えていたが,病弱のため断念し,1907年インド財務省に勤めた。勤務のかたわら,主としてインド科学振興協会の研究所で振動や音についての研究を続け,これが認められて17年,カルカッタ大学に新設された物理学の講座を担当することになった。21年夏ヨーロッパを旅したが,そのとき見た地中海の海の青い乳光色に興味をひかれ,その理由を解明するため帰国後液体中の光の散乱の研究に取り組んだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ラマン【Chandrasekhara Venkata Raman】

1888~1970) インドの物理学者。ラマン効果を発見。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ラマン

生年月日:1851年4月30日
ドイツの土壌学者
1926年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ラマンの関連キーワードラマン(Chandrasekhara Venkata Raman)ウッド(Robert Williams Wood)グリゴリー ランドスベルクストークスの法則(蛍光)ジャン・ジャック アノーコンプトン‐ラマン散乱光パラメトリック効果赤外線吸収スペクトルデバイ‐シアーズ効果チャンドラセカール誘導ブリルアン効果アントニー トゥC.V. ラマンラマンスペクトルラマン‐ナス回折ランドスベルクマリー ジランラマンレーザー分子スペクトル共鳴ラマン効果

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラマンの関連情報