コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラマ塔(読み)ラマとう

世界大百科事典 第2版の解説

ラマとう【ラマ塔】

中国の仏塔で,インドのストゥーパの原型をとどめたチベットのチョルテンの系統を引く形式。基壇,円形断面の塔身の宝瓶,塔刹の十三天よりなり,ラマ廟の塔として建てられたところからその名がある。中国では喇嘛塔と表記される。現存する北京の妙応寺白塔(元)はネパール工匠の指導による中国最初のラマ塔であるらしく,明・清時代には僧の墓塔や庭園の景物などに用いられた。現存遺構にはこのほか山西省五台の塔院寺舎利塔(明),北京北海白塔(清)等がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android