コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムドン省 ラムドンLam Dong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムドン〔省〕
ラムドン
Lam Dong

ベトナム中南部の省。省都ダラト。アンナン山脈南部西斜面を占め,ほぼ全域が山地,高原,丘陵から成り,北部にはラムビエン高原,南部にはジリン高原が広がる。住民にはモン=クメール語に属する言語を話す少数民族が多い。高原地帯は玄武岩溶岩流から成り,その分解によって生成された赤褐色の土壌はコーヒー,茶などの工芸作物や,花卉類,高原野菜の栽培に適する。標高が高いため涼しく,特にダラトは避暑地として有名。同市の近郊には日本の賠償によって建設されたダニム・ダムがある。面積1万 173km2。人口 69万 3000 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラムドン省の関連キーワードダラット

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android