ラメ(読み)らめ(英語表記)Gabriel Lamé

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラメ(Gabriel Lam
らめ
Gabriel Lam
(1795―1870)

フランスの数学者、物理学者。トゥールに生まれる。1817年パリの理工科大学校(エコール・ポリテクニク)を卒業後、鉱山学を学び、1820年からロシアのペテルブルグ(現、サンクト・ペテルブルグ)の専門学校で数学、物理、化学を教えた。1832年帰国後、理工科大学校物理学教授。1851年よりパリ大学数学教授。熱伝導や弾性についての応用数学的研究を行い、楕円(だえん)体の温度平衡の問題を解くためのラメの関数を導入し、1852年には弾性定数の一種としてラメ定数をみいだした。[田中國昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラメの関連情報